MENU

人と地球に貢献しますエコリカ

エコリカから、ついにキヤノン用BCI-380/381互換リサイクルインクカートリッジ登場。

新製品 リサイクルインク
2022年4月21日

互換インクカートリッジシェアNo.1※の株式会社エコリカ(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:宗廣宗三)は、キヤノン用 BCI-380/381 標準容量の互換リサイクルインクカートリッジの単品と5 色セット品、6 色セット品を4 月22日に発売いたします。

BCI-380/381の純正カートリッジは、そのままリサイクルを行うとインク残量表示やインクエンド時の停止動作が不可能な構造になっていることから、このままの状態では大変使いづらく、プリンターの故障を招きかねないとの理由により、エコリカでは発売を見合わせてきました。またその間、多くのお客様より製品化のご要望をいただき、長年にわたる製品化に向けた研究により、ようやく製品をリリースできる運びとなりました。

本製品は、使用済みカートリッジに取り付けてある純正基板を、独自開発の IC チップである「ecoly® chip」に交換することでインク残量表示やインクエンド時の印刷停止といった純正同等の機能を発揮しますので、安心してお使いいただけます。さらにエコリカならではのリユース機能として、エコリカにて回収後はカートリッジを繰り返し使える環境にやさしい設計となっております。

※互換インクカートリッジ(リサイクル品・汎用品)の全国販売シェアとしてBCN(2005年~現在)、GfK(2009年~現在)の実売データより自社集計。

ニュースリリース(PDF)はこちら
ページトップ ページの先頭へ